事故により頸髄を損傷して手足の自由を失い、口に筆をくわえて文や絵を描き始めた星野富弘。 水彩画、ペン画に詩を添えた作品と随筆を織り交ぜた『花…