ご注意ください! 新型コロナウイルス感染症対策によるイベントの中止が相次いでいます。イベント情報は、主催者様・会場からの情報をご確認ください。
こちらもご覧ください。

<男性限定>男性は性差別をなくすために何ができるのか ~目標に近づくための小さな試み~


政治家や有名⼈の⼥性差別発⾔だけでなく職場の上司や友⼈の⾔動にも「それはアカンやろ」と感じる⾃分がいる。
けれども
「男の⾃分も、⼥性差別をしてきたかも…」
「男性の⽴場で、何ができるのか…」
とモヤモヤした気持ちを誰にも⾔えずにいるのなら、話すことから始めてみませんか。
男性だけの集まりです。
男性の持つ特権、その⼀⽅で感じる「男性としての」⽣きづらさ、
差別していると指摘されたときの不安感など、⾃分たちがどのような地点にいるのか、
講師とともに学びつつ、性差別の問題に対して、何ができるのか、参加者同⼠でアイデアを出し合いながら考えます。

【講師】
西井開(任意団体「Re-Design For Men」代表、臨床心理士)

【対象・定員】
テーマに関心のある男性<自身の性別を男性と認識している、もしくはどちらかというと男性だと認識している人> 10人(要申込・先着順)

【参加費】
無料

【託児】
あり(1歳~就学前の子ども・要申込・先着順) ※申込受付は1月7日(金)まで

【申込】
1月14日(金)までに申込用紙に必要事項をご記入の上、ウェーブ窓口(月曜日から土曜日 9時~17時15分)へお持ちいただくか
電話またはEメールにて必要事項をお伝えいただき、お申し込みください。
TEL:0798-64-9495
E-Mail:vo_jyosei@nishi.or.jp