DVと子ども虐待―「野田事件」から考える―

子ども虐待とDVは関連があり、被害が深刻であることがわかってきました。
子ども虐待だけでなく、その背景にあるDV被害についても理解を深める必要があります。2018年野田市で起きた事件に見られるように、DV被害者である女性は「子どもを守れなかった母親」とバッシングされているのが現状です。
この講座では、被害に遭った母子双方のセーフティネットとなる支援体制を作っていくのに必要なことは何かを考えます。

【講師】
 稲垣 由子さん
  甲南女子大学名誉教授、明石子どもセンター勤務(発達行動小児科医)

【日時】
 2020年2月8日(土) 13:30~15:30(13:00~受付)

【会場】
 西宮市男女共同参画センターウェーブ 411学習室

【対象】
 このテーマに関心のある方 40名(要申込・先着順)
 ※申込受付は2月7日(金)まで

【費用】
 資料代 300円

【託児】
 10名(1歳半~就学前) 無料・要申込・先着順
 ※申込受付は1月31日(金)まで

【申込】
 下記必要事項を記入の上、電話、FAX、Eメール、ウェーブ窓口でお申し込みください。
 ①催し名称 ②お名前 ③連絡先 ④年代 ⑤託児希望の方はお子さんの名前・年齢

 TEL:0798-64-9495
 FAX:0798-64-9496
 Eメール:vo_jyosei@nishi.or.jp
 ウェーブ窓口:西宮市高松町4-8 プレラにしのみや4階(月~土曜日 9:00~17:15)