ご注意ください! 新型コロナウイルス感染症対策によるイベントの中止が相次いでいます。イベント情報は、主催者様・会場からの情報をご確認ください。
こちらもご覧ください。

木曜講座 第8回『世界遺産と百舌鳥・古市古墳群』


西宮東高等学校が、併設しているホール「西宮東高校ホール(なるお文化ホール)」で市民講座「木曜講座」を行います。
無料でどなたでも受講でき、事前の登録や申し込みも必要ありません。
定員は先着300名。講座当日13時以降に、なるお文化ホール前にお並びください(ただし、従来300名を超えたことはほとんどありません)

2020年度の第8回のテーマは、『世界遺産と百舌鳥・古市古墳群』。
「仁徳天皇陵古墳」を初めとする古墳群の魅力と価値をたっぷりとお聞かせします。

世界遺産という制度はどのように始まり、その登録基準は何か、という仕組み自体についての概説、および百舌鳥・古市古墳群がどういう特徴を持っていて、なぜこの度世界遺産に登録されたのかということについて解説します。

※お出かけ前に検温していただき、37.5℃以上ある場合は、講座の参加をお控えください。
※参加時にはマスクを着用し、1席ずつ開けてのご着席をお願いいたします。
※新型コロナウィルスの影響により、延期もしくは中止とする場合がございます。また兵庫県下に暴風警報が発令中で開演1時間前までに解除されない場合、休講になることがあります。お出かけの前には西宮東高校ホームページか、下記の問い合わせ先よりご確認ください。

【お問い合せ】
 西宮東高校   TEL:079847-6013
 なるお文化ホール   TEL:0798-47-7977

【開催日時】
 2021年1月28日(木)
 13:30開場 14:00開演 16:00終演

【講師】
 大阪府教育庁文化財保護課 飯塚 信幸(いいづか のぶゆき)先生
 1994年生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士前期課程修了(考古学専攻)。大学1年生の時に参加した発掘調査に魅了され、考古学の道に進む。現在は公務の傍ら、古墳時代の調理道具について研究している。趣味は旅行・野球観戦など。