アンデスの布 ー糸があやなすチャンカイ・レースー


関西学院大学博物館には、500点を超える古代アンデスの染織品が収蔵され、古くは紀元前からアンデス文明最後のインカ帝国の時代まで、多様な染織品がコレクションされています。
今回の展覧会では、10~14世紀頃にペルー中部海岸のチャンカイ川流域を中心に栄えた半農半漁の海岸文化である「チャンカイ文化」において作られたレースを特集。
刺繡レースとも呼ばれるチャンカイ独自のレースの巧みな技とユニークな文様がいったい何をあらわしているか、想像をたくましくして古代アンデスの独自の文化に触れてみてください。
入館無料

【会  期】2019年4月15日(月)〜6月15日(土)
【休 館 日】日・祝
【開館時間】9:30~16:30(入館は16:00まで)