第121回展観「黒川古文化研究所名品展 ―日本古代の瓦・江戸時代の紙幣―」


2019/4/13(土)~5/26(日)、黒川古文化研究所で、日本古代の瓦、江戸時代の紙幣が展示されます。

日本古代の瓦からは、飛鳥時代~奈良時代の瓦を取り上げ、文様や技術の変遷をたどり、瓦づくりに関わった工人や寺院どうしの関係に注目します。松平楽翁(定信)公旧蔵の資料も一部公開いたします。

また、藩札を中心とする江戸時代の紙幣についての基礎的な知識やそこからわかる経済の仕組みを紹介するとともに、製作工程や贋札を防ぐ工夫、近代紙幣への切り替えにともなう施策に迫ります。昨年寄贈された故若林泰氏の紙幣コレクションも一部公開しますので、あわせてお楽しみください。

【会 期】2019年4月13日(土)~5月26日(日)
【時 間】10時~16時(受付は15時半まで)
【休館日】4月15日(月) 4月22日(月) 4月30日(火・祝)
5月7日(火) 5月13日(月) 5月20日(月)
     ※4月29日、5月6日(月・振休)は開館します。
【入館料】一般500円 高大生300円 
     ※20名以上で上記より2割引団体料金 ※中学生以下無料

詳しくはこちら↓
http://www.kurokawa-institute.or.jp/index.html