ポスターでたどる戦前の新劇


2018年6月4日(月)~7月21日(土)、関西学院大学博物館にて『ポスターでたどる戦前の新劇』展が開催されます。
大阪勤労者演劇協会(大阪労演)が保管してきた演劇資料のなかから、選りすぐりの新家上演ポスターを展示します。
1920年代以降に東京と関西で生まれ、消えていった新劇劇団の上演ポスターを一堂に集め、対象から終戦直後にかけての新劇の盛衰をたどります。
なかでも新劇運動の橋頭堡として1924年に開設された築地小劇場の第1回公演のポスターや、1935年に結成された関西新劇の中心的存在であった大阪協同劇団のポスターは貴重です。

入館無料。

【開館時間】9:30~16:30(入館は16:00まで)
【休館日】日曜日