節句の人形 丸平文庫特別出展「令和を寿いで」


白鹿記念酒造博物館で、節句の人形 丸平文庫特別出展「令和を寿(ことほ)いで」が開催されています。
子どもの健やかな成長や幸せを願って飾られる節句人形。
恒例の企画展「節句の人形」では、西宮の酒造家である辰馬家で飾られてきた雛人形と、京都・丸平文庫所蔵の人形が特別展示されます。
丸平文庫所蔵の特別展覧では、令和を寿ぎ、天皇の装束である御引直衣(おひきのうし)や黄櫨染(こうろぜん)を着付けた人形とともに、梅や桜を愛でる人形も数多く紹介し、丸平大木平藏ならではの華やかな人形の世界を楽しむことができます。

★ミュージアムトーク
 担当学芸員による展示解説
  2月1日(土)14:00~14:30
  3月1日(日)14:00~14:30

★酒蔵館・記念館「酒資料室」スペシャルガイドツアー
 辰馬本家酒造の蔵開きの日に合わせ、通常の酒蔵館ガイドツアーに加えて、記念館酒資料室「美酒運ぶ樽廻船」を特別に案内します
  2月15日(土) 14:00~15:00

【開催日時】
 2020年1月25日(土)~3月5日(木)
 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
 火曜定休 ※ただし、2月11日(火・祝)は開館、2月12日(水)は休館

【入館料】
 一般400円 小中学生200円(ココロンカード呈示者は無料)
 65歳以上の西宮市民は証明書呈示で半額