夏季館蔵品展「絵の中の生きものたち」


白鹿記念酒造博物館で、夏季館蔵品展「絵の中の生きものたち」が行われます。
古来、鳥や魚、鹿や馬などの生きものたちは数多く画題になり、様々な動きが画家たちによってとらえられ、絵や工芸にあらわされました。季節を感じさせる景物とともに描かれ、また優美な姿には吉祥の意味を託したものもあります。
今回の展示では、江戸時代から近代にかけての作品から、いきいきと描かれた生きものたちを紹介します。

・ミュージアムトーク 7/20(土)14:00~14:30
  学芸員による展示解説が行われます

★同時開催★
酒蔵館 築150周年記念「明治の酒蔵」
 
 明治2年築、今年150周年を迎えた辰馬本家の本蔵は、現在、白鹿記念酒造博物館の酒蔵館として見学できます。この本蔵に関する史料のほか、明治期の辰馬本家の酒蔵群についてご紹介します。

【会期】
 7/10(水)~8/26(月)
  ※火曜休館・8/13(火)は開館
  ※夏季休暇 8/19(月)~21(水)
 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)

【入館料(記念館・酒蔵館共通券)】
 一般400円 小中学生200円
  団体20名様以上は2割引
  西宮市在住65歳以上は200円(要証明書)
  ココロンカード呈示者は無料