平成29年度夏季教室展 モノからみたヒトのくらし


2017年6月10日(土)~9月3日(日)、辰馬考古資料館で平成29年度夏季教室展【モノからみたヒトのくらし】が開催されます。
館蔵の考古資料をもとに、当時の人々の生活 に係わる道具としての観点から展示を行います。

【主な展示品】
縄文土器・無頸壺(青森県・田舎館)
石皿(岐阜県・藤瀬)
袈裟襷文銅鐸(伊丹市・大阪空港A遺跡)
和同開珎銭笵(山口県・覚苑寺境内) など 約40件(予定)

【期間】
平成29年6月10日(土)~9月3日(日)
開館は午前10時から午後4時30分。入館は午後4時まで

【入館料】
大人200円、大学生100円、高校生以下無料

【休館日】
月曜日(ただし、7/17は開館し7/18を休館日といたします)

【展示解説】
会期中、以下の日程で学芸員による展示解説を行います(1時間程度)
7月29日(土)10時30分~/15時~ (2回実施)
8月20日(日)10時30分~/15時~ (2回実施)
※申し込み不要。時間までにご来館下さい。

詳しくはこちら↓
http://www.hakutaka.jp/tatsuuma/2017-natsu.html